地球46億年気候大変動: 炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来

Front Cover
講談社, 2018 - Climatic changes - 334 pages
隕石が絶え間なく降り注ぐマグマオーシャンの時代から全球凍結したスノーボールアース、恐竜が繁栄した超温暖化時代、そして氷期、間氷期を繰り返す、直近の260万年間にいたるまで地球の気候は激しく変動してきた。一見すると無秩序に激しく変動しているように見えるが、その変化には一定のリズムや規則性があることがわかってきた。鍵を握るのが、地球の表層における「炭素循環」と公転軌道要素の変化がもたらす「ペースメーカー」だった。最先端研究でわかった気候変動を制御する地球の「からくり」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information