巨樹と日本人: 異形の魅力を尋ねて

Front Cover
中央公論社, Jun 25, 1998 - Historic trees - 221 pages
数百年、数千年の歳月、同じ場所で根を張り、枝を拡げ、梢を伸ばしてきた巨樹は不思議なまでの生命力で人々を圧倒する。長い間の風雪に耐えて獲得した異形の姿は神とも魔物とも映り、信仰の対象となっているものも多い。また歴史の目撃者として、巨樹にはさまざまな物語が託されてきた。現在では地域の文化遺産としての意義も大きい。巨樹は常に人々の暮らしと共にある。巨樹巡りの旅から六十余本を選び、日本人との深い絆を語る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information