谷崎潤一郎全集, Volume 8

Front Cover
中央公論新社, 2017 - 547 pages
谷崎がこよなく愛した震災前の浅草を舞台に、劇団員や画家、三文文士の群れと性別や国籍すら曖昧な謎の美少女の暗躍を描いた「鮫人」、対立する藝術家同士による分身譚「AとBの話」、舞台劇上演をめぐる問答「検閲官」などを収める。谷崎がはじめて手がけた映画脚本「アマチユア倶楽部」を参考として収載する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information