スルタンガリエフの夢: イスラム世界とロシア革命

Front Cover
岩波書店, 2009 - Communism and Islam - 480 pages
ロシア革命がはらむ西欧中心主義の限界をいち早く見抜いていたタタール人革命家スルタンガリエフ(一八九二‐一九四〇)。彼は旧ロシア帝国のムスリム地域の脱植民地化を図ったが非業の死に斃れた。本書はイスラム世界の風土と歴史を背景にその「ムスリム民族共産主義」を詳説し、激動の現代中央アジアを理解するための礎石を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information