フーコー・コレクション, Volume 1

Front Cover
筑摩書房, 2006 - 442 pages
第1巻「狂気・理性」では、西欧の理性がいかに狂気を切りわけてきたかという最初期の問題系に焦点をあて、『狂気の歴史』『臨床医学の誕生』に結実した“心理学者”としての顔に迫る。処女論文「ビンスワンガー『夢と実存』への序論」、「『狂気の歴史』初版への序」の他、最初の日本訪問時における講演・鼎談などを収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information