記憶・歴史・忘却, Volume 1

Front Cover
新曜社, 2004 - 460 pages
アウシュヴィツの後で歴史は可能か。前著『時間と物語』の思索をさらに深めて、「記憶と忘却」の問題を手掛かりに記憶と歴史、個人的記憶と集合的記憶、赦しと和解などの問題を取り上げ、現代における歴史叙述の可能性にまで及ぶ、壮大な「記憶の政治学」の試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information