Rデータ自由自在

Front Cover
シュプリンガージャパン, Oct 24, 2008 - 181 pages
Rとは、S言語をモデルとして、1992年頃に誕生したオブジェクト指向のプログラミング言語であり、最新の統計的手法とグラフィックス作成機能をも兼ね備えた開発環境である。Rはオープンソースのフリーウェアで、誰でも無料でインターネットから最新版をダウンロードでき、サイエンスの様々な分野で現在ユーザーが世界的に増えている。本書は、Rを実際のデータ解析で活用し、その効率を劇的にアップさせるためのテクニック集である。Rは多様な解析手法をサポートするが、入力データが適切に処理されていないと正しい結果をえられない。本書ではデータの性質ごとに適切かつ効率的に処理する方法が具体的に説明されている。例えばデータベースを併用することで大規模データを扱うことができる。日付や文字は、いったんRのオブジェクトに変換することで分析の可能性が広がる。またデータを因子ごとに処理する関数の応用事例が豊富に掲載されており、さらにはデータの書式を自由に並び替える手法にも詳しい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information