中世ヨーロッパの社会観

Front Cover
講談社, Jun 10, 2007 - Europe - 286 pages
中世ヨーロッパは教皇・皇帝という聖俗権力の下の階層秩序的な社会であった。人体諸器官に喩えれば君主は頭、元老院は心臓、胃と腸は財務官と代官、武装した手は戦士、足は農民と手工業者、そしてそれらは魂であるところの聖職者の支配に服する―ほかに建築・蜜蜂・チェスなどを隠喩として社会の構成と役割を説明する中世人の象徴的思考を分析。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information