ギリシャ哲学講義

Front Cover
法政大学出版局, 2001 - 334 pages
思想家として教示し、教示しつつ思考するベルクソンの、その哲学の成立過程および数々の根本的主題が初めて明らかにされる講義録。19世紀フランス思想は無論のこと現代哲学の展開を読解する上でも不可欠の資料である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information