脱新自由主義の時代?: 新しい政治経済秩収の模索

Front Cover
仙石学
京都大学学術出版会, 2017 - Economics - 196 pages
経済システムの崩壊とハイパーインフレを緊急に克服するという意味では、ネオリベラリズムは一部の地域、特に南米と東欧で一定の成功を示した。しかし、その重篤な副作用としての格差の拡大固定、民主主義の形骸化や人間的な社会関係の喪失は、強く批判されている。ネオリベラリズムとは世界史にとって何だったのか。現場から検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information