チューリングの計算理論入門: チューリング・マシンからコンピュータへ

Front Cover
講談社, 2014 - 222 pages
チューリングは、ヒルベルトの「決定問題」を研究する中で、彼が提案した万能計算機の数学的モデル「チューリング・マシン」を使って、計算という行為を徹底的に検証した。そして、手順を示すことと、計算ができることが同じであることを示した。その手順はアルゴリズムと呼ばれ、いまではソフトウェアと言われている。コンピュータの原理としてのチューリング・マシンを解説するとともに、有名な「チューリング・マシンの停止問題」も分かりやすく説明。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information