東アジアの文学圏

Front Cover
小峯和明, 金英順
笠間書院, 2017 - Buddhism and literature - 470 pages
各国の文学・文化を相互に対照し、輻輳する読みをかさねあわせ、東アジア古典学の未来を創る。日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ第1巻。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information