藤原道長「御堂関白記」中: 全現代語訳

Front Cover
講談社, 2009 - Japan - 435 pages
藤原道長の『御堂関白記』は自筆本が現存する世界最古の日記である。一条朝から三条朝へと移る中、娘彰子に続いて妍子も中宮となり、更に増大する宮廷での権勢。本巻では寛弘六(一〇〇九)年以降、彰子の親王出産、天皇崩御などの出来事から長和二年までの様々な朝儀・公事、神事・仏事や饗宴の様子が詳細に綴られる。現代語で読む宮廷政治の世界。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information