カントの宗教哲学

Front Cover
宗教哲学の基本概念「神」「自由」「魂の不死」をカントの『純粋理性批判』『実践理性批判』(上巻)、『判断力批判』(下巻)のなかに探り、のちの「倫理的神秘主義」哲学の展開の端緒となった著者最初期の画期的労作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information