理由と人格: 非人格性の倫理へ

Front Cover
勁草書房, 1998 - 800 pages
“私たちは自分たちが信じているものではない。それはいかにしてか。”人格の同一性、道徳性、合理性などにまつわる私たちの奥深い信念を揺るがす、現代倫理学からの挑戦。20世紀後半の最も重要な哲学書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information