シネアスト相米慎二

Front Cover
キネマ旬報社
キネマ旬報社, Nov 10, 2011 - Motion picture producers and directors - 238 pages
0 Reviews
「映画の本当の価値は映し出されているものにではなく、それが内に秘めているもの、見えないものにこそあるんだよ」―映画に愛され、人に愛された映画監督・相米慎二。没後10年。その軌跡を、監督自身の言葉や俳優・スタッフら関係者の新旧証言、評論で浮き彫りにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information