“日本的なもの”とは何か: ジャポニスムからクール・ジャパンへ

Front Cover
筑摩書房, Aug 15, 2015 - Art, Japanese - 280 pages
十九世紀末の浮世絵や陶磁器から近年の絵画や建築、アニメーション、ファッションまで、日本を見つめる外国人のオリエンタリズムを背景にした眼差しが「日本趣味」を“発見”し、その刺激によって国民に“ジャパネスク”が喚起されてゆくというメカニズムが、日本近代の文化表象の著しい特色となった。“日本的なるもの”の核心はいまどこにあるのか。“日本的”とは、いま何を意味するのか。“日本”を象徴するさまざまな“作品”の成り立ちをたどりながら、こうした問いへの答えを探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information