沖縄学童集団疎開: 宮崎県の学事記録を中心に

Front Cover
鉱脈社, 2004 - School children - 261 pages
太平洋戦争末期、沖縄から宮崎へ312人の学童が集団疎開した。宮崎県立図書館に残されていた学事関係書類を資料に、学童疎開はどのようにして行われ、疎開学童はどのような生活を送ったかを掘り起こし、戦争の意味を問い直す遺稿集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information