東大闘争の語り: 社会運動の予示と戦略

Front Cover
新曜社, 2018 - 470 pages
“1968”とはなんだったのか、50年後の検証。多様な立場の44人の語りから甦る東大闘争の“るつぼ”1960年代学生運動の遺産と予示的政治の力を描き切った気鋭社会学者の力作。社会運動史の新しい扉をひらく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information