ネイティブはこう使う!マンガでわかる冠詞: 冠詞のモヤモヤがこれ一冊でスッキリ!

Front Cover
西東社, Jan 15, 2015 - 223 pages

著者は、日米会話学院などでの豊富な教授経験を生かし執筆や翻訳などで活躍中のデイビッド・セイン氏。本書では、英語の品詞の中で、もっともハードルが高いとされている冠詞について、マンガで楽しく解説します。愉快な登場人物たちが繰り広げるドタバタを読みながら、ネイティブが動詞をどう使うのかを無理なく理解できます。 

 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

本書の使い方
8
冠詞のビジュアル図解
11
PART1 不定冠詞の使い分けルール
19
レッスン1aanは特定していない単数名詞につく
20
レッスン2aanがつくとほかにも同種のものがある
24
レッスン3aanがつくと職業を表す
28
レッスン4aanはまるごとを表す
32
レッスン5aanをつけると輪郭がはっきりする
36
レッスン13the+ timesで時代になる
126
レッスン14the+ 普通名詞で抽象名詞になる
130
レッスン15形容詞にtheをつけると抽象名詞となる
134
レッスン16集団にtheをつけると自分が所属していないニュアンスが出る
138
定冠詞がつく名詞
142
PART3 無冠詞の使い分けルール
143
レッスン1前置詞+ 無冠詞+名詞で手段を表す
144
レッスン2固有名詞は無冠詞で表す
148

レッスン6aanをつけると形をもつものになる
40
レッスン7不可算名詞にaanをつけると特別な意味になる
44
レッスン8集合名詞にaanをつけるとその中の1つとなる
48
レッスン9aanの後に複数の形容詞があっても単数を表す
52
レッスン10会社名にaanをつけると製品となる
56
レッスン11a+ 数量を表す形容詞で肯定的な意味になる
60
レッスン12aanで少しという時間の長さを表現できる
64
レッスン13aで同じという意味を表す
68
レッスン14aanはあるを表す
72
不定冠詞がつく名詞
76
PART2 定冠詞の使い分けルール
77
レッスン1theは特定しているものを表す
78
レッスン2この世に1つと考えられるものにはtheがつく
82
レッスン3数量を表す単位にはtheがつく
86
レッスン4the+最上級でほかと比較して一番を表す
90
レッスン5the+比較級 the+比較級でであればあるほどになる
94
レッスン6the+形容詞で集合名詞を表す
98
レッスン7the +timeで時間時刻を表す
102
レッスン8membersのような複数形にtheをつけると全員を表す
106
レッスン9楽器を弾くときはtheをつける
110
レッスン10the+名字で一家夫妻を表す
114
レッスン11the+限定性の強い形容詞で唯一の意味になる
118
レッスン12theは名詞本来の性質を強調する働きがある
122
レッスン3冠詞の有無や単数複数でニュアンスが変わる
152
レッスン4無冠詞のofficeは職業仕事を表す
156
レッスン5無冠詞+地方名で地方という表現になる
160
レッスン6場所を本来の目的としてとらえる場合は無冠詞
164
レッスン7そのもの全般は無冠詞で表す
168
レッスン8無冠詞+時を表す語句で現在からの時点を表す
172
レッスン9スポーツをするときの競技名は無冠詞
176
レッスン10無冠詞+名詞で名詞の意味が異なる単語がある
180
冠詞がつかない名詞
184
PART4 限定詞の使い分けルール
185
レッスン1否定的なニュアンスをもつ疑問文のany
186
レッスン2何でもどれでもと強調するany
190
レッスン3if 節の中であることがわかっているsome
194
レッスン4両方ともであるを表すboth
198
レッスン52つ以上のものを個別にとらえるeach
202
レッスン6否定文では部分否定を表すevery
206
レッスン72つのうちどちらか一方を表すeither A or B
210
レッスン8動詞にも使えるneither A nor B
214
冠詞を使った慣用句
218
冠詞によって意味が変わる言葉
220
奥付
224
BACKCOVER
225
Copyright

Other editions - View all

Bibliographic information