哲学の女王たち: もうひとつの思想史入門

Front Cover
レベッカ・バクストン, リサ・ホワイティング
晶文社, 2021 - 249 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
男性の名前ばかりがずらりと並ぶ、古今東西の哲学の歴史。しかしその陰には、知的活動に一生をかけた数多くの有能な女性哲学者たちがいた。ハンナ・アーレントやボーヴォワールから、中国初の女性歴史家やイスラム法学者まで。知の歴史に大きなインパクトを与えながらも、見落とされてきた20名の思想家たち。もう知らないとは言わせない、新しい哲学史へのはじめの一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information