ピューリタン革命の世界史: 国際関係のなかの千年王国論

Front Cover
ミネルヴァ書房, Mar 31, 2015 - 319 pages
本書は、初期ステュアート期からピューリタン革命期のイングランドとニューイングランド(アメリカ)を舞台とし、17世紀イングランドを取り巻く複雑な国際関係のなかで、ピューリタン革命の主導勢力たる独立派がどのように形成され、何を主張し、革命に勝利した後はいかに変容したかを考察する。従来は消極的に評価されることの多かった独立派を、千年王国論と国際関係という2つの視座から再評価し、ピューリタン革命を通して世界の動きを捉え直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information