女ことばと日本語

Front Cover
岩波書店, 2012 - Japanese language - 238 pages
女性の言葉づかいは「どうも最近、乱れてきた」と一〇〇年以上も嘆かれ続けている―「女ことば」は、近世から現代の日本社会の、価値や規範、庶民の憧れや国家イデオロギーを担って生き延びている、もうひとつの日本語なのだ。各時代のさまざまな言説と、言語学やジェンダー研究の知見から、「女ことば」の魅力と不思議を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information