一般相対性理論(内山龍雄 著): 物理学選書 15

Front Cover
裳華房, Jul 30, 1978 - Science - 428 pages
時間・空間の物理学である一般相対性理論を、その基礎から宇宙論への応用まで、懇切丁寧に解説した本格的な入門書。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

時間・空間の物理学である一般相対性理論を、その基礎から宇宙論への応用まで、懇切丁寧に解説した本格的な入門書。
本書を理解するには、特殊相対性理論に関する大体の知識さえあればこと足りる。テンソル解析にしても、スピノ―ル算にしても、本書の理解に必要な道具はすべて本書に解説してある。著者の手引きで、読者自身が、相対性理論を創りあげていくといったスタイルで話が展開されているから、じっくりと腰をおちつけて読めば、ちょうど推理小説でも読むように、一歩一歩と相対性理論の核心に進んで行くような感じをもつことであろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (1978)

●著者紹介
内山龍雄(うちやま りょうゆう)
大阪大学名誉教授、理学博士。1916年静岡県に生まれる。大阪帝国大学理学部卒業。大阪大学助手・講師・助教授・教授、帝塚山大学教授・学長などを歴任。主な著書・訳書に『一般相対性理論』(裳華房)、『一般相対性および重力の理論』(共著、裳華房)、『物理学はどこまで進んだか』『相対性理論』『一般ゲージ場論序説』(以上 岩波書店)、アインシュタイン著『相対性理論』(岩波書店)、パウリ著『相対性理論 上・下』(筑摩書房)などがある。

Bibliographic information