コミュニティ: グローバル化と社会理論の変容

Front Cover
NTT出版, 2006 - 332 pages
曖昧かつ不安定な現代社会において再生を遂げつつある、帰属と安心のよりどころとしての「コミュニティ=共同体」とは何か。ポストモダニズム、トランスナショナリズム、多文化主義の諸相からインターネットまで。グローバリゼーション研究の最新成果を駆使して、現代思想の重要概念を徹底分析する。『想像の共同体』(アンダーソン)から『帝国』(ネグリ=ハート)をへて生まれた全く新しい共同体論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information