現代議会主義の精神史的状況他一篇

Front Cover
岩波書店, 2015 - 174 pages
やがてナチスの桂冠法学者となるカール・シュミット(1888‐1985)が、自由主義に対する体系的批判を行なった初の著作。不安定なワイマール体制への幻滅から、議会主義の精神史的な基礎は過去のものになったとし、議会主義と民主主義の連関を切断する。独裁理論を考察し、ドイツの新しい政体を暗示した問題作。1923年刊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information