スピントロニクスの物理: 場の理論の立場から

Front Cover
内田老鶴圃, 2019 - 232 pages
スピントロニクスを物理の対象としての視点から記述し,必要な理論的手法を解説する.

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information