継続捜査ゼミ

Front Cover
講談社, 2018 - College teachers - 439 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
長年の刑事生活の後、警察学校校長を最後に退官した小早川の再就職先は女子大だった。彼が『刑事政策演習ゼミ』、別名『継続捜査ゼミ』で5人の女子大生と挑む課題は公訴時効が廃止された未解決の殺人等重要事案。最初に選んだのは逃走経路すら不明の15年前の老夫婦殺人事件だった。彼らは時間の壁を超え事件の真相に到達できるのか。警察小説至上もっと美しい捜査チーム誕生! 警察小説の名手が贈る新シリーズ第1弾!


元刑事が教授に。学生たちと「捜査」する。
「女子大生警察」小説、前代未聞の新シリーズ第1弾!
退職警察官の再就職先は女子大だった。5人の学生とゼミで未解決事件を謎解く!

長年の刑事生活の後、警察学校校長を最後に退官した小早川の再就職先は女子大だった。彼が『刑事政策演習ゼミ』、別名『継続捜査ゼミ』で5人の女子大生と挑む課題は公訴時効が廃止された未解決の殺人等重要事案。最初に選んだのは逃走経路すら不明の15年前の老夫婦殺人事件だった。彼らは時間の壁を超え事件の真相に到達できるのか。異色のチーム警察小説、シリーズ第1弾!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2018)

1955年、北海道三笠市生まれ。上智大学在学中の1978年「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞受賞し、デビュー。 卒業後、レコード会社勤務を経て作家に。2006年、『隠蔽捜査』で、吉川英治文学新人賞、2008年『果断隠蔽捜査2』で、山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、2017年、「隠蔽捜査」シリーズで、吉川英治文庫賞を受賞。また、「空手道今野塾」を主宰し、空手、棒術を指導している。 近著に『武士マチムラ』『変幻』『アンカー』『回帰警視庁強行犯係・樋口顕』『サーベル警視庁』などがある。

Bibliographic information