京都西陣なごみ植物店, Volume 4

Front Cover
PHP研究所, 2019 - 251 pages
十日間にわたって盛大に催す予定だった北野大茶湯を、豊臣秀吉がわずか一日で中止にした理由は、実は桜の狂い咲きだった?「和の植物の博物館」を作りたいという実菜に、彼女の祖父が突き付けた条件は、その真相を探ること。この難題に実菜が辿り着いた答えとは。そして神苗は彼女を助けることができるのか。京都の四季を背景に植物にまつわる謎を描いた優しい連作ミステリー、ついに完結。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information