『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する

Front Cover
光文社, 2007 - 277 pages
0 Reviews
未完に終わった大長編の新訳から浮かび上がった驚くべき「続編」の可能性。ドストエフスキー最晩年の思想がいま、蘇る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information