すべてがFになる

Front Cover
講談社, 1998 - Japanese fiction - 522 pages
孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
3
4 stars
4
3 stars
9
2 stars
2
1 star
0

Review: すべてがFになる (講談社文庫)

User Review  - 2015bookshun0521 - Booklog

2/1 Read full review

Review: すべてがFになる (講談社文庫)

User Review  - 徳島大学附属図書館ユーザーのオススメ本棚 - Booklog

http://opac.lib.tokushima-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?materialid=208001658 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information