近世宗教社会論

Front Cover
吉川弘文館, 2008 - Buddhism - 372 pages
近年、近世宗教史研究が進み、通説は見直しを迫られている。北陸地域の宗教的社会関係を追究し、近世仏教の存立意義を解明。近世宗教史を分野史から全体史へ前進させる方法論を構築し、今後の研究潮流に一石を投じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information