理論言語学史

Front Cover
畠山雄二
開拓社, 2017 - 303 pages
読者諸氏には、本書を通して、今ある理論言語学がどのようにして形づくられ、そして今後理論言語学がどのような方向に進んでいくのか考えてもらいたい。過去ならびに歴史を振り返ることは、今を知り、将来設計を立てる上で何よりも重要である。過去を知るからこそ、未来が見えてくるのである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information