ヨーロッパの内戦: 炎と血の時代一九一四‐一九四五年

Front Cover
未来社, 2018 - 337 pages
現代ヨーロッパはこうして成立した―1914‐1945年という20世紀前半のヨーロッパの激動の30年間を、「ヨーロッパの内戦」という概念を媒介にして、イタリア系知識人である著者が思想的・歴史的に分析・考察したものが本書である。二つの世界戦争、スペイン内戦をはさんでアウシュヴィッツ、ヒロシマ・ナガサキの被爆まで、ナチズム、ファシズム、スターリニズム等をめぐる文字通り「炎と血」の時代。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information