比較社会史への道

Front Cover
未来社, 2002 - Sociology - 286 pages
『ドイツ問題と民族問題』『ナチ親衛隊知識人の肖像』の著者が、自らの学究人生を振り返り比較社会史研究や経済学研究の道程を語る。京都大学停年退官記念講義「比較社会史への道」を枕に、河上肇について、「ユダヤ人問題」やホロコーストについて、ドイツ・ファシズムや反体制運動について縦横に論じつつ、時に先達や学友への回想を交えながら、激動の半世紀を生きた研究者のあり方を証言する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information