東日本の動乱と戦国大名の発展

Front Cover
吉川弘文館, 2021 - 330 pages
十六世紀前半、東日本では古河公方の内紛と連動した戦乱から、戦国大名の衝突へ変化する。伊達・上杉・北条・武田・今川・織田―大名間「外交」と国衆の動静を軸に、各地の情勢を詳述。戦国大名確立の背景に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information