アメリカのナショナリズムと市民像: グローバル時代の視点から

Front Cover
大津留智恵子, 大芝亮
ミネルヴァ書房, 2003 - 364 pages
本書は、グローバル時代のナショナリズムと市民像のあり方を、アメリカの状況を基軸としながら考えようとする。アメリカのナショナリズムがどのように表れるか、ナショナリズムをグローバルな文脈でとらえると何が見えてくるのか、そしてアメリカの内に生じる市民像はアメリカのナショナリズムをどのように語りなおしているのか、という3つの視点から構成されている。アメリカのナショナリズムと市民のあり方を考えることは、同時に国家と人々のあり方に普遍的に存在する課題を考える一助にもなるだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information