エンパワメントのケア科学: 当事者主体チームワーク・ケアの技法

Front Cover
医歯薬出版, 2004 - 128 pages
そもそもケアとは、世話する、大切にする、関心、配慮、気遣い、などを意味する。人間を含め生命の営みすべて、さらには環境や生物以外のものに対しても「慈しむ働き」がケアである。ある意味では、「思いやりのエネルギー」の共有と言えよう。当事者主体チームワーク・ケアの基盤はここにある。それを活性化するのがエンパワメントである。ケア科学とは、ケアに関する普遍的な法則性を追求すること、経験的あるいは実証的な合理性を明らかにすることである。いわば、ケアのまなざしで捉えた日常生活の奥に潜む、人間や自然の法則を解読することがケア科学である。一方ケア技術とは、その解読した知識を、日々の生活の中で実際に適用できるよう、実践を通じて効率化することである。つまりケア技術とは、実践するために単純化したケア科学といえよう。本書では、ケア科学のひとつの切り口として、当事者をケアチームの一員として、共感ネットワークによりパワーアップするエンパワメントを取り上げる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information