カフカと〈民族〉音楽

Front Cover
水声社, 2012 - 225 pages
チェコに生まれたユダヤ系ドイツ人のカフカにとって、“民族”とは何を意味していたのか。激動の19世紀末プラハを舞台に、友人ブロートや作曲家ヤナーチェクとの関係を検証しつつ、“小説”と翻訳、そして“音楽”のアイデンティティを問いかける新たなる視座。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information