吉行淳之介ベスト・エッセイ

Front Cover
筑摩書房, 2018 - 377 pages
文学を必要とするのはどんな人か?紳士の条件はロクロ首になること?腹が立っても爆発寸前になったときにおもい浮かべる言葉とは?多くの作家、編集者に愛され、座談の名手としても知られた人生の達人が、戦争や赤線時代の回想から、創作の秘密、性と恋愛、酒の飲み方、四畳半襖の下張「裁判」の法廷私記まで、「水のような」文章で綴ったエッセイ集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information