はじめて学ぶラテン文学史

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2008 - 297 pages
ギリシア文学の継承者にして、中世近世ヨーロッパ文学の母胎でもあるラテン文学を、叙事詩、抒情詩、喜劇、悲劇、風刺詩、恋愛詩、弁論・修辞学、教訓文学、書簡文学、歴史など、ジャンル・形式別区分けという斬新な視点から現代に甦らせる画期的テキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information