雪見酒新・酔いどれ小籐次(二十一)

Front Cover
文藝春秋, 2021 - 352 pages
冴えない風貌ながらも、武芸の達人にして大酒飲み。殿様から商人・長屋の住人、果ては盗人にまでその人柄と知恵を頼りにされる人気者・小籐次。
13歳の息子・駿太郎とともに、研ぎ仕事に精をだす穏やかな日常を送っていたある日、駿太郎の孫六兼元を奪おうとする浪人が。しょっ引かれた番屋で、なんと仲間を殺して逃亡、残されてたのは、名刀・井上真改だった。
この名刀はどこから?浪人の正体は?
一方で、14歳になる駿太郎の元服の烏帽子親を誰に頼むべきか大いに悩む小籐次だった。そんなある日、豊後森藩上屋敷に呼び出された小籐次は、旧主の久留島通嘉から驚くような指示を受ける。

息子の立派な成長とともに、人生の次の局面に向かう小籐次。
900万部の人気シリーズ最新刊 21巻

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information