寛容と人権: 憲法の「現場」からの問いなおし

Front Cover
岩波書店, Jun 26, 2013 - Civil rights - 332 pages
麹町中学内申書裁判や自衛官合祀拒否訴訟など、教育、子ども、宗教、国家シンボルなどをめぐって内心の自由や信教・教育の自由が問題となった憲法訴訟を数多く手がけてきた弁護士による貴重なドキュメント。法実践の場において著者が出会い、その重要性に気づかされた概念―「人権」の基底にあって、問題解決のための法的規準となり得る「寛容」について考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information