風土記の世界

Front Cover
岩波書店, 2016 - Japan - 244 pages
風土記は古代を知る、何でもありの宝箱。土地のいわれや古老の言い伝え、天皇の巡行など、バラエティーに富む内容から見える、中央国家と諸国との関係とは?ヤマトタケルを天皇として描く常陸国、編纂命令から二〇年も経て提出した出雲国、滑稽譚満載の播磨国など、特徴を読みとき、生き生きとした古代世界像を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information