最新循環器診療マニュアル

Front Cover
友池仁暢
中山書店, 2009 - 822 pages
「日常診療の新しい視点」―今、循環器疾患を診るうえで、知っておくべきトピックス。「疾患別診療方針」―循環器80疾患を「疾患概念」「症状と特徴」「病態分類」「検査・診断」「治療指針」に沿って、簡潔な箇条書きで解説、処方例や、診断・治療トピックス、レクチャーなどのコラム満載で構成。「生活習慣病対策」―高血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリックシンドロームなど。「循環器疾患についての総合力が要求されるテーマ」―CKDとの関係、心疾患合併患者の妊娠、超高齢者への処方、救急処置や、再生医療や遺伝子診断といった問題など。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information