ぼちぼち結論

Front Cover
中央公論新社, 2007 - 213 pages
「理性」に振り回される現代世界を憂い、社会「常識」の怪しさを指摘し、虫捕りの時間がないことをぼやく...。養老孟司の時評シリーズもついに完結篇。ホリエモン・村上ファンド騒動、NHK受信料、データ捏造問題、中国の経済脅威、自民党総裁選、団塊世代の定年...。さらに、幸せについて、文明についても考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information