古代出雲への旅: 幕末の旅日記から原風景を読む

Front Cover
中央公論新社, 2005 - Shimane-ken (Japan) - 240 pages
神々の集う国・出雲には、いまでもそこかしこに神社が見られる。これらのなかには『出雲国風土記』の時代に起源を求められるものも多く、古代史を封じ込めたタイムカプセルとも言える。幕末期、『風土記』を手に出雲国内を丹念に巡り、旅日記を残した男がいた。その男・和四郎は時に酔い伏し、時に神の娘と出会いながら、美保関から出雲大社まで足を伸ばす。新発見の日記を手に、私たちも古代史への旅に出よう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information