近代芸術家の表象: マネ、ファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画

Front Cover
東京大学出版会, Sep 26, 2006 - 445 pages
本研究は、西洋近代美術史の原点とも言うべき第二帝政期のフランス絵画を、従来とは異なる視角から解明しようと意図している。それが「芸術家像」というテーマにほかならない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information