シェイクスピア劇の〈女〉たち: 少年俳優とエリザベス朝の大衆文化

Front Cover
みすず書房, 2012 - 217 pages
本書は、エリザベス朝の大衆文化(じゃじゃ馬や寝取られ男など)への深い洞察から生まれた。シェイクスピアの作品を丹念に読み込み、少年俳優と女役と大衆文化、この三者の関わりをみごとに解明した、類書のない独創的な研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information