アメリカ言語哲学入門

Front Cover
筑摩書房, 2007 - 321 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
20世紀後半の現代哲学に、最も先鋭的かつ重要な潮流をなした、アメリカ言語哲学。その最前線を形づくってきた、サール、クリプキ、デイヴィドソン、クワイン、ローティら哲学の巨人の思想を、言語行為論、指示理論、根本的解釈説、メタファー論、反表象主義などの主要な議論から精査する。その考察から、彼らの視点には、実はデカルトやロックらの近代観念説やヨーロッパの解釈学とも通底するものがある、という事実が明らかになってくる。西洋哲学全体の流れの中で最先端のアメリカ言語哲学の核心に迫る、絶好の一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information